Digital 北海道

---------------北海道の山々をEOSで撮ったものです--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暑寒別岳敗退 2013.04.21

天気が心配でしたが、予報では一日中曇りということで期待して札幌を出発。途中雪が降っていますが、増毛に着いた頃には日が差してきました。
無料の宿泊所である暑寒荘はまだ閉鎖されていて中には入れません。そこが出発点です。先行者が一人いるようで後に続きます。

IMG_1264.jpg

IMG_1268.jpg

雲の流れが速く日が差していると思えばすぐに曇るといった目まぐるしい天気です少し登ると最初に目指すことになる1075.8mのトームが見えてきます。ここから見ると距離があるように感じます。

IMG_1284.jpg


三合目には約一時間で到着です。ここからは日本海が見渡せすばらしい景色です。しかし目指す方向の南を見るとまったく違って曇りのどんよりした天気です。

IMG_1282.jpg

雲の合間から差す日の光が作り出す陰影が素敵でした。
このあたりで先行者が滑り降りてきました。聞くと風が強すぎてドーム付近から滑ってきたとの事です。
ここから見ても山肌をまう雪がとても早く確かに風が強いのが確認できます。でも私がドームに到達する頃には弱まっているのではないかと淡い期待をして登ります。

IMG_1287.jpg

風が息つく間に登るというのを繰り返してドームの横を通過すると次の目標である屏風岩が見えてきます。風が強く、本来ならドーム付近で引き返す事も考えられますが、登れないほどではありませんでした。
しかし、ここからは本当に突風がすごくて風待ちのほうが長いくらいに感じられる程です。風に雪が飛ばされてアイスバーンになっていたり思ったようにコース取りできないところもありました。
でも、何とか頂上まで行ってみたい。体力は問題ない。でも、大斜面を前に強風と降りだした雪に負けました。
安全に帰る>頂上に行くなので潔く諦めます。

IMG_1289.jpg

山の裾のほうは春でしたが、この付近は完全に冬という感じ。もう一度挑戦したいな。
帰りに新しく買ったばかりの防水・防寒のコンデジで動画を撮る予定でしたが、寒さのせいかバッテリー切れになる始末。マイナス10℃までは大丈夫なはずですが上着のポケットでもダメだったようです。

暑寒別岳 13.04
カシミール3Dで作成 オレゴン450TC使用
スポンサーサイト
  1. 2013/04/20(土) 18:22:44|
  2. 雪山

N2

03 | 2013/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。